株式会社 エスイーシステム

RM2 for Ableton Live
USB Remote Controller

販売価格 54,000円(税込)

IMG_0556.jpg

カスタム例
RM2 for Digital performer
Digital performer用にカスタム

thumb_IMG_0571_1024.jpg


RM-2 for Liveの概要

RM-2 for LiveはAbleton Liveがインストールされた二台のMacintoshをコントロールできるリモートコントローラーです。
RM-2 一台でMain PCとBack Up PCの構築が可能です。標準のKey配列は図1の通りになっております。

RM2バックアップシステム_pages.jpg

RM-2_fig1.jpg

KeyChangeスイッチは、矢印の上,下,Enter とU,D,Gに切り替えするスイッチです。
U,D,Gに切り替える場合は、LiveのKeyアサインモードから、それぞれのkeyをアサインする必要があります。(図2)

RM-2_fig2.jpg
図2


U,D,Gを選択した場合のメリット

カラムの移動は、Liveのデフォルトでは、上下矢印keyを使用します。
カラムが多数になった場合、例えば、下にスクロールした時、カラム画面の一番下に選択されたカラムがきてしまい、
そのカラムより下の情報が目視、確認ができなくなります。
そこで、U,D,Gに切り替えてカラムを上下させると、選択されたカラムが常に画面中央に位置するため、
上下の情報が確認できるようになります。


GO(行の実行)

Liveのデフォルトではenterを使いますが、選択されたカラムがMasterの位置にないと実行できません。
U,D,Gに切り替えたたkeyを使うと、選択されたカラムがどの列にあってもその行の実行が可能です。
*キーボードのマーク(図3)が選択された状態(色がつきます)では、U,D,Gを選択したkeyは無効になります。

RM-2_fig3.jpg
図3


一時停止ボタンについて(shift+space)

このボタンを押すと、現在再生中の位置で一時停止して、もう一度押すと、停止した場所から再生されます。
(停止中に、他のボタンを押すと停止場所は無効になります)
このボタンを使うと曲の途中から再生することが可能になります。


任意の場所から再生する方法

再生したいポイントまで再生して一時停止ボタンを押します。
または波形が見えるようにカラムを選択(矢印キー)し、
赤丸の小節カウンターにカーソルを移動しクリックしたままカーソルを上下
(または、クリックしてから上下矢印キーで数字を動かす)して再生位置を決めます。
決まったら一時停止ボタンを押します。もう一度一時停止ボタンを押すと止めた場所から再生できます。
この時、GOボタンを押すと曲頭から再生されますので注意して下さい。(図4)

RM-2_fig4.jpg
図4

ページの先頭へ

CUSTOM PRODUCTS

当社ではPCベース、MD、CDなどの再生機のリモートコントローラーを製作致しています。

LinkIcon製作、納品事例はこちら

製作ご希望の方は
info@sesystem.co.jp

までメールにてご連絡下さい。

株式会社エスイーシステム
154-0012 東京都世田谷区駒沢2-16-4-403
TEL: 03-3422-7507 FAX: 03-3412-7670

ページの先頭へ